経費の場合、領収書はなくてもよい!

経費って絶対領収書がないといけないの?って思いがちですが、

そこまで大金じゃないのなら大丈夫です。

 

もし、数十万円もの商品を買っておいて、領収書がありません。

というのは、税務署の人間も黙っちゃいないでしょう。

 

でも2~3万円までなら領収書なしでも通ります。

 

ですが、出金伝票にしっかり記帳しておくことが大事です。

 

例えば、セミナーにいったとしますよね。

セミナー代はだいたい、経費として通ります。

でも、そこで領収書がもらえなかった、、

もしくは、いちいち催促するのが面倒だったなんてときもあります。

 

そんな時は、出金伝票に書いておけば、ほぼ大丈夫です。

もちろん自動販売機なんて領収書でませんよね?

でも、出金伝票につけておけばOK!

 

ただ、ジュースを飲みたかったというのは、経費にはなりませんから、

あくまでもお客さんが来たので、ジュースを買ったとか

そういうのは接待費としてOKです。

 

というよりまあ、小銭程度なら、税務署の人間もうるさくないですが、

ちょっと金額が大きいと、かれらの眼は光っていますよ!!!